賃貸を選ぶとき、何軒内見すればいいの?

駅前の不動産屋利用なら内見は多いほど良い

駅前にある大手不動産会社で賃貸物件を紹介してもらう時には、最初に案内される部屋は不人気物件と決まっています。なぜなら、オーナーから出る広告費が積み増しされている部屋を案内して入居させれば、不動産屋が儲かるからです。最初に3軒内見させて成約させるテクニックを持つ営業が多いので、1ヶ月くらいかけてじっくり探すと条件が良い部屋が出てきます。
案内すればすぐに成約する部屋は、オーナーが出す広告料が少ないので、どうしても成約したいと考えている場合に限定されるわけです。個人の不動産屋ならば、最初から条件に見合う部屋を案内されて、気に入らなければ明確に無いと言われるので分かりやすいでしょう。オーナーから直接依頼されている元請け不動産屋と駅前のチェーン店では、方針が大きく異なります。

賃貸エージェント利用なら3軒で十分

何軒も賃貸物件を内見して回るのが面倒ならば、最初から賃貸エージェントを利用すると良いです。なぜなら、賃貸エージェントは条件に合う部屋のみを紹介してくれるので、厳しすぎる条件ならば明確に該当する部屋無しと案内されるからです。少しずつ条件を緩和して、納得出来た部屋が見つかった時に内見を行うので、内見数を最小限に出来ます。
賃貸エージェントは、成約しない限り報酬が紹介した不動産屋から入らないので、嫌気をさされないうちに素早く条件に見合う部屋を探す必要があります。内見を行う時には既に部屋を気に入った状態で、確認を行うために部屋を見ることになるわけです。内見後にすぐに契約手続きに入っても問題ないように、賃貸エージェント利用時には必要書類を揃えておくと良いです。

帯広の賃貸は建物の設備や特徴から選ぶことができます。分からない点は電話やメールで気軽に問い合わせできます。