一人暮らしにおすすめの賃貸の間取りは?

機能性重視ならワンルーム

一人暮らしをする賃貸を選ぶときに機能性を重視しつつ安く済ませたいならワンルームがベストです。ワンルームは部屋の間に仕切りがないのでスペースを有効活用できます。大きな面積がなくても十分に広い印象を受けられるだけでなく、使い勝手も良いのが魅力です。扉の開け閉めをするにはそのためのスペースを確保しなければならず、実質的に部屋を狭くしてしまうことになります。また、ワンルームの場合には一つの部屋の中で全ての作業ができるようになっているため、家の中での動線が最小限になるのも魅力です。家賃もワンルームは比較的安くなっています。そのため、効率良く暮らせるようにしつつ、家賃も節約できる魅力的な間取りがワンルームです。

使い分けるなら1K以上

もう少しうまく部屋を使い分けながら暮らしていきたいという人の場合には1K以上を選ぶのが重要です。一人ぐらしの場合には1K、1DK、1LDK、2K辺りが候補になりますが、どのような暮らしをしていきたいかに応じて選ばなければなりません。キッチンの臭いが寝室に来るのが嫌だという程度であれば1Kでも十分です。しかし、本格的に料理をするなら1DK程度の広さは必要になります。また、寝室とリビングも分けたいとなると1LDKにするか2Kでうまく利用することが必要です。このような形で、部屋の使い分けをすることでメリハリを付けて暮らしたい場合には1K以上を選ぶのが合理的でしょう。目的に合わせて選ぶことが何よりも肝心です。

釧路の賃貸物件は、間取りや家賃などの条件から選ぶことができます。築年数や建物構造などの詳細情報も明記されています。