賃貸の敷金と礼金って何?

賃料の半年分は必要です

マンションやアパートを借りたことがある人はなじみのある言葉ですが、敷金と礼金というのはいったい何のことでしょうか。大家さんと借主の間には仲介する不動産会社がいます。そこで、契約手続きをするわけですが、必ず敷金と礼金という項目に遭遇します。敷金は万が一家賃が支払えず滞納してしまう場合の担保として考えられることが多く、退去時のクリーニング代に充てられることが一般的です。故に一時預かり金と考えていいでしょう。一方礼金は大家さんに対してお礼をするもので、お金は返ってくることはありません。さらに、仲介手数料に火災保険加入などのお金も必要になるので、家賃の半年分くらい用意すると考えていいのではないでしょうか。

更新料や管理費がある地域も

管理費と更新料は都心を中心に必要になることが多いです。一般的に、管理費は建物を維持するために管理会社に支払うもので、建物の清掃を中心に、電球の交換などの維持費、人件費に充てられています。更新料は、二年に一度借主は住み続けるかどうかを選択を迫られ、住み続けたい場合は賃料と同等の金額を貸主に支払う必要があります。そのため、礼金と同じ金額を支払うので、更新のタイミングで引っ越しを考える人は少なくなく、住み続けたくない人はこのタイミングで退去するケースが多く見受けられます。また、賃料に不満がある人は、大家さんとの家賃の値下げ交渉をするタイミングでもあり、お互いの歩み寄りができずに交渉決裂で退去する人もいます。